忍者ブログ

近所の居酒屋の様子が変わった

ときどき昼食や夕食(お酒を含む)をとる近所の居酒屋の店長がいなくなり、オーナーが直接店長と仕入れを兼ねることになり、昼食のメニューが一部変わった。
*私の好きだったから揚げ定食が消えた。

海鮮居酒屋なので魚介類がメインだから、焼き鳥や鳥から揚げは力を入れてないのは仕方ない。だが魚が苦手な人でランチを目当てに来ていた客は減るだろう。
*その代り、牛スジ煮込み定食は引き続きやるようだ。私の好物でもある。

知人の元店長はレパートリーが広く、味付けも結構気に入っていたのだが、彼は今後どうするつもりなのか、他人事とは言え、年配の人だから気になる。
*再就職は楽ではないと思う。

自分で店でも出すのであれば応援したいが、まったく情報がない。連絡もない。

オーナーとも話したのだが、自営業というのも苦労が多く、あまり儲からないし、地味な商いだと思う。ただ、精神的には自分で決めていく分やりがいはある。融通は利くし、休みも調整できる。
そこそこ生活する分だけかせぐという考えならばいい。

まあ、自分の人生だから他人がとやかく言うべきではないので、静観することにした。
ただ、メニューなどが変わると、微妙に客が減るかもしれない。

私も好きなメニューが減ったので、その分、行く回数は減るだろう。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]