忍者ブログ

確定申告と自営業・フリーター

自営業者は通常、2年目からは所管税務署から印字された申告用書類が郵送される。だが、事業所や取引先から報酬を受け取るフリーター(料理人、アニメーター、デザイナーなど)のうち、自営業者として税務署に開業を申請していない人は、用紙は郵送されないので、自分でもらいに行く必要がある。

フリーターの場合、所得が源泉徴収されている場合や職場で税務処理をしてもらっていない場合は、自分で確定申告することによって税金が戻ってくる場合もあるし、住民税や保険税を適正に支払うためにも必要なことである。(申告しないと所得税など過去5年分さかのぼって追徴される場合があるので要注意)
*税務署ごとに相談コーナーがあるので不明点や控除される必要経費などを教えてくれる。

また、交通費や資料代などフリーターでも職種によって必要経費として認められるものもあるので、ぜひ税務相談で確認したほうが良い。

領収証をもらえない支出でも出金伝票や内容の控え・メモと一緒に綴じておくとよい。
地元税理士会の無料相談も開催される場合があるので、利用したい。

同じ職場の先輩に聞いたり、無料相談で情報を集めて、分からない点は税務署に相談すれば個別に説明してもらえる。

私の場合は、仕事の依頼者に経理担当の人が居て、必要経費の按分方法などについてアドバイスをいただいた。不明な点はその都度、電話で税務署に問い合わせたり、確定申告時期に無料相談で確認した。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]