忍者ブログ

思うようには分担できない

マンションリフォーム案件と木造防音室の予約現場を書類・契約書の段階から任せようと思ったが、相談者は私のほうに直接確認をしてくるので、結局契約が決まるまで手を放すことができない。

そして、並行して別件の調査を手配しようとしたが、予約案件の日程調整や監修などの作業が完了するまでは待機するしかない。
事務能力が余りない施工チームとの分担には限界がある。

2件動かすのが精一杯であり、3件目は保留にするしかない。
先に私が出来ることを進めておく必要がある。

こんな状況では、月に1件から2件程度処理するのが限界なのか。

安定して受注できないのは、事務処理能力や日頃の営業努力など複数の要因が重なって起きる問題と言える。
いまさら彼らに能力以上の事を求めても無理。

無理して任せてもトラブルのもとになりかねない。ここは我慢して徐行運転だ。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]