忍者ブログ

書類準備が結構大変(工事申請)

うちの職人はPCで書面が作れないだけでなく、工事申請に必要な書類を作るための情報チェックが不得意。

過保護だと言われるが、私が全部雛形や書面そのものを準備しなければ間に合わないし、申請の許可が得られないことがある。

私の経費を削っても、作業日数は変わらずにかかるので、採算性は低い。

リフォーム会社だと、事前の見積りに諸経費を上乗せするか、施工チームから費用を天引きする。うちは依頼者のために諸経費を小さくして、手数料を取らないシステムにしている。

こういうやり方は、昭和の大工職人のスタイルと同じだ。
なにか問題が出ても、大工がすぐに現場に伺って、無料で保証する。多少の問題は自分の腹に収めて直してしまう。

現代は、職人仕事が安くなり、件数も激減しているので、いつも余裕のない見積りで契約してしまう。自営業の良いところは大手の顔色を気にせずに、依頼者のほうを向いて仕事をする分、精神的には楽になる。

中間マージンがない現場が依頼者・施工者双方の理想である。
その分、私の作業は減らないが、収入も増えないという状況。あと何年やっていけるのか、分からない。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]