忍者ブログ

概算を提示したら返事が途絶えた?

案件の概算を提示したら、今まで直ぐに返事が来ていたのが止まった。
すでに設計図を作りながら計算していたので、キャンセルなら大損害。ただ働きになる。

なんだか、嫌な感じがする。

一方、木造防音室の件は、契約に向けて大きく前進した。これはたぶん大丈夫。
今年は木造防音室に関しては契約率が高く、上出来と思う。

他の住宅案件が壊滅的なので、もう見切りをつけたほうがいいだろう。

ウェブサイトには「お断り」とは表現していないが、今年契約にならないのなら、明言したほうがいいかもしれない。

おそらく、家族の説得に困っているのだと思う。
いつも、この段階でだめになるので、懸念していたが。

今週の相談案件の見込みを見てから、判断したい。当然、先に手を挙げていただいた人が優先になる。我々のような零細業者は、確実な件を大事にしないと生活できない。
*金額の大小では決めないほうが良い。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]