忍者ブログ

ときどき他の業者を紹介してくれと言われる

難しい案件で、私の手がふさがり対応できないときに、他の業者を紹介して欲しいとか、どういう業者が良いのかと言われる。

これは失礼な話しであり、専門業者である私が知らない業者を紹介できるわけがなく、取引先でさえ、紹介する行為には責任が伴う。

軽々に紹介などできない。

では、専門業者を探すための留意点はなにかと聞かれると、どうアドバイスすればいいのか悩む。
それは案件の現場や構造的な問題が見えない段階で、具体的なことなど何も言えないのだ。

先日、マンションの天井防音工事が出来る業者の留意点を聞かれ、ヒントを事例をもとに返信したが礼の言葉もなかった。
たぶん、その人はうまく行かないだろう。それは人様の親切を無にしたからだ。

自分の事しか考えない人には何を伝えても無意味だろう。

自分の知らない分野の問題を調べるには、ネットで検索したり、専門書を図書館で探したりするのが普通だ。そういう努力もしないで、安易にただで聞こうとする根性があさましいと思う。
*自分で調べることが無理ならば、有料相談を利用するべきだろう。

また、他の専門業者の該当する実績があるかどうかは、今の時代はウェブサイトで判断する。
その業者のウェブサイトに記載がなければ、普通は専門外と見るべきである。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]