忍者ブログ

8月・9月・10月期の赤字

事業収入と支出(住宅ローン、生活費を除く経費)のバランスが大きく崩れ、3か月連続の赤字見込みとなった。

これは昨年よりも悪く、経営の不健全化が見られる。相談業務における経費の増大、採算性の悪化が主な要因だ。

専属施工チームの職人のための受注に経費をかなり使ううえに、自分の利益を大幅に抑えて契約を成立させたからだ。

この調子で行くと、来年の春までには専属チームは解散になる。

なんのために事業をしているのかが分からなくなる。

知人の社長は、このような状況になったとき、すぐに社員を切り捨てた。中小企業ではよくある。私のような零細業者が、今までよく耐えてきたものだと感心する。

約10年間、専属施工チームを保持してきたことは、この不景気の中、少しは自慢してもいいだろう。

その我慢も限界にきているので、今月以降、新規の案件がコンスタントに受注できなければ、専属チームは手放すことになる。

その答えは、来年の1月に出るだろう。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]