忍者ブログ

国産PCにこだわる

近年のPCは国産品ばかり。古いXPのデルは耐久性があり、いまだに稼働しており、古いソフトを動かすためにだけ使っている。

これ以外は全部、国産PCであるが、国産でも部品の大半が外国製品で廉価PCはすべて壊れた。処分するのに困っている。

エプソンが最もクオリティが高く、値段も手ごろだ。4年前に購入した主力PCは現在特段の問題もなく動いている。OSの都合であと約3年しかネットには使えないかもしれないが。
*現在、同レベルの製品を購入すると9万円台になるが、当時は7万円台の特価で購入できた。
(XPがちょうどサポート切れになるタイミングでの特別セールだった)

後継のエプソン製品は、昨年の特価でwin10モデルを購入した。これはまだアップデートしていないので、そろそろネットにつないでカスタマイズしなければならない。

デスクに2台PCを置いているが、さすがに3台は無理なので、仕事場を改装中である。
少しずつ不要なものを処分しているところ。

なんとか、来年の春には改装を終えたい。そうすれば、後継のPCも稼働できる。

国産PCにこだわるのは、故障した場合の出張サービスや修理が、東京及び近県で対応してくれる点だ。代替品も購入しやすい。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]