忍者ブログ

徹底してクラウド型サービスにする

レンタルサーバーなどを管理するのが面倒であれば、ウェブサイトを全部、クラウド型にするという方法もある。

雛形も選ぶだけで、直ぐに作れる。
目的別・テーマ別に1つずつ立ち上げて、コアな需要に絞り込むという戦略は、零細な専門店に向いている。

IDとPWだけメモして管理しておけば、サーバーの期限切れを気にすることなく使える。
これからの若い世代は、レンタルサーバーや静的なホームページにこだわることなく、必要な情報にアクセスできるのなら、ブログでもなんでも良いと考える。

私の場合は、ホームサイトそのものがコアな需要にターゲットを絞り始め、ブログで事例情報などを発信している。

速やかに有益な情報を載せて、その反応などを見ながら、コアな需要を見極めることも可能だろう。自営業の場合は、とくに機動力がウェブサイトに必要だ。

メールや電話に対して、しっかりレスポンスすることが商いに直結する。

たとえば、共同事業者が役割分担して、ウェブサイトやブログを複数運営する方法もあるだろう。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]