忍者ブログ

ますます不安になった職人のコメント

仕事が減ったので、職人の一人が、私が意図的に仕事を減らしているのかと思ったらしい。

そんなバカなことをする自営業者がどこにいるのかと・・・・・ありえない。。

ウェブサイトや無料相談に力を入れてきて、経費もそれなりに使いながら、苦しみながら現場仕事を受注してきたが、彼らにはその努力が理解できないらしい。

私一人だけなら、事情によって業務を調整することはあると思う。代行して私の業務をやってくれるスタッフでもいれば、ちょっと長めの休暇を取って、木造建築の写真撮影を兼ねて、ゆっくり見学に行きたいと思う。

1件の仕事を契約までもっていくには、相当の努力が必要だ。私のような零細業者には、丁寧な提案書を提示することが重要で、かなり時間がかかる。

だから、沢山の仕事は物理的に無理という事情はある。

加齢とともに、体力が低下する分、業務量は減っていくのは仕方ない。

その分、ウェブサイトに力を入れて、ネット経由で受注したいのが正直なところ。
そうすると、自然に地方の案件が増えてくるのだろう。

仕事が減ればだれでも不安になるのは当然だと思うが。
職人の意識に問題があるのは明らかであり、彼ら自身の問題でもある。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]