忍者ブログ

検索エンジンに未来はあるのか

仕事の相談のたびに、一般の人がすぐに思い浮かぶキーワードで検索すると、重要な事例などが出てこないと相談者は言う。

今年に入り、その傾向は顕著になった。一般ユーザーにとっては、グーグルなどの検索結果は悪くなったかのようである。
スポンサーサイトや、いつも同じ通販サイトが上位を独占し、有益な情報よりも製品を売るための情報ページが上位に出る。

はたして、これは音響・防音対策だけの傾向なのだろうか。

いや、そうではないだろう。色々なキーワードで検索すると通販サイトとスポンサーサイトなどが上位に出てくる。
専門家のウェブサイトがほとんど上位に出てこないのである。

その中で唯一上に出てくるのが、専門家が投稿するブログの記事である。

ブログの進化に期待するしかないのか。

このような検索エンジンに未来はあるのか。そのうち異なるシステムが開発され、新しい検索エンジンが出てくるのだろうか。

私もウェブサイトは専門ではないので、色々と試してはいるのだが、コンテンツを拡充する時間が少なく、暇があるときに下書きを見ながらコンテンツを追加するのが実情だ。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]