忍者ブログ

機動力のない職人は使いにくい

すぐに相談者に電話連絡して調査日を決めるように伝えたが、施工担当から返事がない。

こんな調子だから余計に受注が減るんだよ。機動力がない職人は、この不景気では役に立たない。もたつけば、相談者は他の業者に依頼してしまう。

こんな調子では専属チームは解散にするしかないだろう。来月には結論が出る。

私のほうは自分を守るためのサイト運営に切り替えるしかない。

よくもまあ、こんなずぶい施工担当を活用して10年以上も設計施工の案件を受注できたものだと、我ながら感心する。

こういうタイプの職人は自分で仕事を確保するか、どこかの傘下に入るしか生きる道はない。連携して動くようなタイプではないのだ。

今週、地元の木造建築士と打合せをすることにした。今後は提携して何か仕事が出来ればと考えている。まずは相手の希望や考え方を確認することが先である。

それを踏まえて、事業メニューなどを検討したい。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]