忍者ブログ

営業の費用対効果

普通の商いの費用対効果は、どう考えてもウェブサイトが一番と思う。

それは専従者を雇って対面営業に使っても受注できる保証はないし、給料分稼ぐことはほとんど無理だと思う。

有名大手企業なら、サービスを充実させて見積りに諸経費を載せて採算を確保することは可能だが。看板の小さい自営業・零細企業には、そのようなスタイルの商いは向かない。

零細業者は、仕事仲間の協力や口コミ、各々のウェブサイト運営は不可欠だ。

ところが、私の取引先の一部がウェブサイトを放り投げてしまった。僅かな経費と時間を惜しんでウェブサイトへの手間を削るとは正気とは思えない。

どう考えても自分でブログを運営することのほうが費用対効果は高い。
*ブログには必ず、自分のメインサイトのリンクを入れる必要がある。

一つのブログでもカスタマイズや有益な記事投稿を継続すれば読者も増えるし、アクセスも増える。価値観の違いと言ってしまえば、それまでだが、営業のツールは複数あるほうが有利であるのは間違いない。
それが理解できない事業者は、自営は止めたほうが良い。

PR

Copyright © 酒飲みの忘備録 : All rights reserved

「酒飲みの忘備録」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]